気になった出来事を載せてます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴崎コウの舞妓は~ん


俳優の阿部サダヲ(37)、堤真一(42)、女優の柴咲コウ(25)らが8日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画「舞妓Haaaan!!!」(水田伸生監督、6月16日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。

昨日からTVでも映画の宣伝が流れていますね~。とっても面白そうなので見たい!!ってか
阿部サダヲさんが大好きなのよね~
 
舞妓の世界を描いたドタバタコメディーで、同作で着物の魅力に取りつかれたという柴咲は、「劇中に出てくる着物と色違いのものを2つ買いました」と笑顔を見せたが、続けてこの日のために作られた3人にそっくりな舞妓姿の等身大マネキン人形が壇上に登場すると、自分の舞妓姿に「気持ち悪い…」と絶句。
 
写真やデータをもとにコンピューターを駆使し1体100万円もかけて作られたものだが、「私ってこういう風に見えてるんですか? なんか落ち込みました」とショックを受けていた。
 
同人形には堤も同様の反応で、阿部だけが「気に入った」と大喜び。和やかな舞台あいさつに水田監督は「(同作が遺作となった)植木等さんも映画を見て、大きな声で笑ってくださると思う」と話していた。

せっかく100万円もかけて作ったマネキンが・・・『気持ち悪い』と言われて作った人はガッカリかもしれませんが・・・。

脚本は宮藤官九郎さんです。きっと期待を裏切らない作品になってるだろうなあ~。6/16公開。


( 引用:izaニュース) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。