気になった出来事を載せてます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つ(ひとつ)と書けない小学生


小学2年生の3割が、1年で習う「一つ(ひとつ)」という漢字の書き取りができず、高学年になるにつれ「読み」より「書き」が苦手になることが7日、現役教師らでつくる「日本教育技術学会」の調査で分かった。

小学生の頃毎日漢字の書き取りテストありました。
10問出て、間違った数だけ木琴蜂で頭を叩かれてました・・・・今思うと虐待?
案外木琴蜂痛いんですよね~。10問間違ったら10回!!超痛い~
学年別で最も書けない漢字は小6「支持」「支」(正答率7%)などだった。
 調査は2004年4~5月、全国の小1~中1を対象に、前年度に習った配当漢字の「読み」「書き」(小1生は平仮名のみ)をテスト形式で実施。計480校、延べ約3万7000人から回答を得た。
 
それによると、「ひとつ」という書き取りの問題に「一つ」と正解できた小2は70%にとどまり、「人(つ)」や「入(つ)」などの誤答が見られた。音読みで出題した「一(いち)年生」は98%が正解した。一方、「実り」を「みのり」と答えられなかった小4と、「末は外交官に」の「末」を「すえ」と読めなかった小5がそれぞれ4割に達するなど、中学年以上で訓読みが苦手な傾向も見られた。
 
「書き」の平均正答率は小2が89%だが、学年を追って下がり、小4が71%、小6は65%。これに対し、「読み」の正答率は全学年で9割を超え、高学年ほど書く成績が悪かった。 

ありゃりゃ~。日本の未来は大丈夫?
まあこういう教育にしちゃった大人のせいですね。うちには1歳の娘がおりますが・・・
どういう時代になっているのでしょうかね~?ゆとり教育は?土曜日はやっぱり休みかな?

(引用:yahoo!news http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000134-jij-soci )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。