FC2ブログ
気になった出来事を載せてます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武豊・G1世界制覇!!


下馬評で1番人気に支持されたアドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博)が直線で鋭く抜け出し、悲願のG1制覇を世界の大舞台で飾った。

競馬のことはイマイチよく分かりませんが・・・・悲願のG1制覇!!
ドバイ??って何処??こんな私はまず地理のお勉強――。馬はどうやって移動するの??

武豊騎手(38)は海外G1・7勝目。松田博資師、近藤利一オーナーは、04年アドマイヤドン(ドバイワールドC=8着)の無念を晴らした。ドバイワールドCに出走したヴァーミリアン(牡5、栗東・石坂)は4着に敗れた。
 
ゴールの瞬間、武豊は人さし指を高々と突き上げた。「直線は思い切り追った。うれしい」。大仕事をやってのけたあん上から、歓喜のガッツポーズが飛び出した。日本が誇る名刀アドマイヤムーンがダイワメジャーを斬(き)り、外国馬も一刀両断にした。600メートルの長い直線で自慢の末脚が爆発した。
 
2走前の香港Cでプライドに鼻差まで迫った力を存分に発揮した。凱旋門賞でディープインパクトに先着した現役最強牝馬と互角の勝負をした実力に偽りはない。G2、G3では5勝していながらG1は皐月賞4着、ダービー7着、天皇賞(秋)3着、香港C2着と及ばなかったが、ようやく手が届いた。
 
完ぺきな競馬だった。「スタート、調整、レース、すべてがうまく行った」と武豊。道中は中団の外めでじっくりと脚をためた。折り合いもついて、手応えも抜群だった。最終コーナーを回って、先に抜け出したメジャーを追いかけるように追い出した。並ぶ間もなく先頭に立つと、あとは栄光のゴールへ突き進んだ。外から強襲するリンガリの追い込みも及ばない。熱砂の国で、4回目の日の丸が揚がった。
 
 今後は日本には帰らず、直接香港に入って29日のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル、シャティン)に向かう予定。武豊は「世界のどこへでも連れていけるトップホース。夢が広がった」と目を輝かせる。ついに頂点に立った名コンビが世界の競馬を熱くする。

さてさてドバイとは・・・UAE→アラブ首長国連邦!!
砂漠の楽園♪~石油王にラクダ~高度経済成長中の国で・・・砂漠と超高層ビルが融合??
何だか行って見たいわ~。。そんな国でアドマイヤムーンは快走したんですね~。イメージだけが膨らみますが気持ちよさそう――。
次は香港で激走してきてね!!

(引用:yahoo!news 
          http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000002-nks-horse )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。